Amon's Racing -Speed Skates-

スピードスケートで日本の頂点を目指す  My Kidsの記録

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なっちん大ピンチ!

Category: 2008年の記事  
8月 14日我が家のアイドル「なっちん」がようやく1歳の誕生日を迎えました。

笑顔の絶えないなっちんを見ていると本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

本当に1歳のお誕生日おめでとう!




ところが数日後...


無事に1歳の誕生日を迎えたはずのなっちんでしたが、8月22日深夜3:30、

2~3日前から38℃の熱がでていたなっちんが、突然「ギャーー!ギャーー!!」と

ものすごい泣き声で叫んだのです。

そしてそのすぐ後に手足が‘ビクンビクン’と痙攣が始まり、口から泡を吹き出し

ました。

尋常ではないと察したパパはすぐに救急車を呼び、となりで寝ていたあっクンを

叩き起こしました。


5~6分後に救急車が到着し応急処置をされ病院へ向かいました。

その間ずっと泡を吹き出していて呼吸がとても苦しそうでした。

パパと私とあっクンは苦しそうな‘なっちん’を励ましながら、無事を祈り続けました。

できれば夢であってほしいと願いながら...。



近くの総合病院に到着し、すぐに処置をしていただきました。

処置の間はなっちんのそばに付き添うことが許されず、

廊下ベンチにうずくまって心配な気持ちを抑えていました。


「絶対に絶対になっちんは大丈夫!あの子は強い子だから

絶対に大丈夫!」とパパ。

私は「どうしてこんなことに」と自分を責め続けました。

その横で、5歳のあっクンも心配そうになっちんの無事を

祈り続けていました。

あっクンは幼稚園の年長さんできっと眠いはずなのに

意識はしっかりしていて立派なお兄ちゃんでした。


そうだ私がしっかりしなければ!

時折、中から聞こえる‘なっちん’の泣き声(きっと私を呼んでいる)に

ほんのちょっとだけ安心する私たちでした。


なっちんは不安でたまらなかったのにそばにいてあげられなくて

本当にごめんね。



おそらく90分ほど待たされたでしょうか、

ようやく処置室からなっちんが出てきました。

痙攣は治まったようですが、原因究明のため

すぐにCT検査をおこないました。

その間、またしてもそばにいてあげられなかった。

30分ほどで検査は終わり、小児病棟に案内されました。



すでに時間は明け方6:00、小児病棟に運ばれてから

もそちらの処置室に入れられて待つこと更に1時間、

ようやく出てきたなっちんの表情はまるで別人のようで

薬の影響なのか目の焦点も合っていないようでした。

変わり果てた娘の姿に私たちはショックを隠しきれませんでした。

しかし、1歳のなっちんがちゃんと生きていてくれただけでも

神様に感謝になければいけないと思い直しました。


なっちんと私(付添)はそのまま入院となりました。


気が動転していた私は携帯と間違えて自宅の電話を持って

いました。パパも携帯もお財布も何も持っていませんでした。


私とあっクンはタクシーで自宅へ帰り、入院の準備をして

再び車で病院へ向かいました。



なっちんのベッドの足元に塞込んで寝ているパパの姿をみて

ようやくホッとした気持ちになりました。

「パパ、お仕事で疲れているのに

本当にありがとう!」

もしパパがいなくて私一人だったら、

考えるだけでもゾッとします。




入院初日は初めて点滴を付けられているのとやはり薬の影響か

寝ている以外はほとんどグズったり叫んだり、泣いたりしていました。



2日目を迎えたころには脅威の回復を見せ、点滴が外れ、

ミルクを飲むまでになりました。 すごい!



そして3日目、身体中に発疹ができはじめ、

原因が突発性発疹であることがわかりました。


原因もわかり、本人も調子がよさそうなので

その日の午後、無事退院となりました。



突発性発疹は1歳~2歳ごろになるとほとんどの子が

掛かる病気でウィルスによるものだそうです。

2~3日高熱がつづきその後、身体中に発疹が

でてくるのです。

突発性発疹による高熱がつづくことで熱性痙攣

になる子もいるそうです。

ただ、普通は2~3分で痙攣は止まるそうですが、

なっちんのように長い時間痙攣がつづくのは大変危険

だったそうです。

今思うと、迷わず救急車を呼んで正解でした。



今回の事件をとおして、命の重さを改めて感じました。

子どもたちが、毎日健康でいてくれることがどれほどありがたい

ことなのかを思い知らされました。


皆さんもお子さんの健康を過信しないで下さい。

他人事ではありません。

病気は誰にでも起こり得るのです。



なっちんは幸い脳にも影響はなく(しばらく呼吸困難だったため心配でしたが)

日に日に元気を取り戻してきました。


なっちん!いたらないママでごめんね!


そして元気になってくれて本当にありがとう!!


ママはあなた無しでは生きてゆけなかったよ。



なっちん








子供たちが毎日健康でありますように...。

















スポンサーサイト

「カンフーパンダ」最高!

Category: 2008年の記事  
あっクンは映画が大好き!


私とパパも息子が産まれる前は流行の映画をよく見に行っていました。

昨年までは、映画と言えば、「仮面ライダー」などのヒーローものばかり

でしたが、ようやく親も楽しめる映画を一緒に見られるようになりました。


今年のあっクンの夏休みは映画三昧です。

まずは私と「ポケットモンスター~ギラティナと空の花束シェイミ」を見ました。

ポケットモンスター~ギラティナと空の花束シェイミ



実は私もポケモン大好きで、過去のポケモン映画は

全部見てるほどです。(私ってアニメオタク?)



つぎに‘じじ’(おじいちゃん)と「崖の上のポニョ」を見ました。

崖の上のポニョ



‘じじ’は建具職人で仕事一筋だった人なので、

どうやって孫と遊ぶかわからないでいました。

ところが昨年末、突然「脳出血」で倒れ

右半身不随となりました。

半年間の入院生活を余儀なくされ、リハビリの毎日を過ごしました。

負けず嫌いの‘じじ’は執念で杖を突いて歩けるまでになり、

奇跡的な復活を遂げました。 (お医者さまもびっくり!)


そんな‘じじ’を何とか孫たちと楽しく過ごしてもらいたくて、

一緒に映画を見るよう仕向けたのですが、これがまた

大成功!


たぶん数十年ぶりに見た映画は‘じじ’を童心に帰したのだと思います。

それも大好きな孫と一緒にみた「崖の上のポニョ」は

格別だったのでしょう。

孫のあっクンよりも‘じじ’の方がちょっと「うれしそう」でした。

映画を見ていない私とパパの方が

息子とじじが楽しそうにしている姿に感動するほどでした。


そして今日、パパと「カンフーパンダ」を見に行きました。

カンフーパンダ



あっクンは映画の後にパンフレットを買ってもらい、

よっぽど楽しかったのか興奮しながらパンフレットを開き

私に映画の説明をはじめました。

うちに帰ってからもずっと映画の話をしていて、寝る直前まで

頭の中は「カンフーパンダ」でいっぱいのようでした。

きっと今頃、夢の中で「カンフー」の修行をしているころでしょう。



5歳のあっクンは「ぼくも映画に出たい」と言い出しました。

思い続ければ必ず夢はかなうよ!

ちょっとだけ息子の将来が楽しみな私です。    ...親バカですかね。



IMG_2376_convert_20080811021711.jpg





こんな幸せが明日もつづきますように...。









悪夢のプール教室

Category: 2008年の記事  
8月1~3日幼稚園のスポーツクラブのプール教室がありました。

去年のような苦い想いを今年はしないだろうと信じていたのに...。

昨年、年少から「スイミングスクール」に通わせていたから

「プール教室の初級コース」でのレッスンなんて難なくこなせると思っていました。

ところが楽しさのあまり話を聞かずふざけまくり、

「潜ってじゃんけん」ではすぐに顔をあげてしまい、

手を引っ張られやっと浮かんでいる息子はまるで初心者のよう。

スイミングに通っていない子たちよりも全然出来なかったんです。


今年は昨年の悪夢がよみがえり念のため「中級クラス」を選択、

スイミングに通っている子達はみんな「上級」でレッスン

中級クラスの年長の子達はみんなスイミングに通っていない子ばかりです。

しかし事件は起きました。


お友達のママに「今年は夏休みに入ってからスイミングの短期水泳教室に通ったの」

なんて言うんじゃなかった。

「うちの子はお風呂で顔に水がかかるとタオル、タオル、って大変なの」

と友達のママ。

のはずなのに、1番先に難無く「付し浮き」出来ちゃって、「蹴伸び付し浮き」の練習へ

そして次から次へみんなが「蹴伸び」の練習へと移ってゆく・・・。

なのにうちの子ときたら「付し浮き」で合格をもらえず、

「手を伸ばして、足を伸ばして、力を抜いて」とコーチに言われてもまったく出来ない。

なぜか1人「バタ足」で泳ぐ息子...。

だから~~~今「バタ足」やってるときじゃないんだよ~~。(心のなかでツッコム私)

また人の話を聞かないで自分のやりたいことに突き進むいつもの性格があらわれて

コーチにも「浮くことが上手に出来なかったらバタ足は進まないよ。」

と言われてしまった。

そして2つ年下の年少さんと組まされ手を引き合っての「ふし浮き」練習。

息子以外の年長さんは生き生きと「蹴伸び」練習をし、「合格~」と言われビートバンを持って「バタ足」

の練習を開始。


おいおい君はスイミングでいったい何をやってきたんだい?

浮けないんじゃ話しにならないじゃないの~~~(と私の心の声が...)

堪えきれず息子に近寄ってきっと‘鬼’のような顔をして「力を抜いて手と足を伸ばすだけだよ。

コーチの話をちゃんと聞いて。」と一喝。

息子は腑に落ちない様子で「ママはうるさいあっちに行って!」と私に反撃。

練習も終盤にさしかかった頃には、できない息子を不憫に思ったのか

コーチも熱心に指導してくれて、なんとか上手に力を抜いて浮けた様子。

ダメダメだった息子の上達ぶりにコーチの方が喜んでいるようだ。


息子のそんながんばりも‘私の怒り’に消されてしまった。


ようやく悪夢のプール教室は終了。


怒りがおさまらない私は帰りの車中で、ついに爆発。

夏休みに入ってからずっと水泳づけの毎日だったはずなのに、

不甲斐ない息子を責める私、

言われた息子も

「幼稚園のプールくらいでなんだよ!」

「ママのバカ!大嫌いだ!!」「もう許せない!」

とこちらも大爆発。

帰宅までのわずか3~4分の車中はもう大バトル。


なにもここまで言わなくてもよかった。

でも言わずにはいられなかった。


お昼を食べて少し落ち着いてから冷静に考えてみた。

どうして息子は出来なかったのか?

今のスイミングスクールでは浮き輪を常につけて練習していたから、

体で浮くことを学べていなかった。

基本中の基本がぜんぜん身についてなかったのだ。

たしかに息子は級の進みが極端に悪かった。

運動神経がそんなに鈍いわけでもないのにまったく上達しないこと

に疑問を持っていた。


そして今日、まったくの初心者のお友達が次々に出来てしまうことが息子にできない。

「なぜ?」もしかして今の「KONAMI」(近所のスポーツクラブ)の教え方が悪いのでは?

人のせいにするつもりは無いのですが、スイミングを3年もつづけてがんばってきたのに

この仕打ちはあんまりです。


以前から評判のよい「イトマン」の話をお友達のママから聞きました。

そのママの息子さんはまだ始めて4ヶ月、3年やっている息子を追い越す勢いです。

そうなんだ「あっクン(息子)が悪かったんじゃない、きっと今までの練習方法が悪かったんだ。」

「だから思い切ってイトマンに変えてみよう。」  (今は‘スウィン’となった)

進級するとワッペンがもらえるのが楽しみだった息子にはなかなか決心がつかない。

「ヤダ、絶対に辞めない!」

「でもね小学校に行ってプール習っているのに泳げなくて、今日みたいにまたみんなの

ほうがずっと上手でそれでもいいの?それってカッコいい?」

「それじゃあイトマンに行く。」と息子。

最近カッコいいお兄ちゃんを目指しているようなので効果覿面!

早速「イトマンの短期水泳教室」を‘即日’申し込んだ。


きっと今日のケンカに大きな意味があったことを信じて、

転んでもタダでは起きない親子であった。

そして打たれ強い息子に感謝。


ママは今の何十倍も君を認めてあげないとね。


あっクン、君ならできる。


ママは信じてるよ。


そして今日はゴメンネ。



こんな幸せが明日もつづきますように...。







任天堂DS

Category: 2008年の記事  
我が家の5歳の息子は幼稚園の年長さんです。


みなさんはお子さんに任天堂DSを与えてますか?

幼稚園児にDSなんてまだ早いって声が聞こえてきそうですね。


私のうちはパパが息子と一緒に遊ぶアイテムとして

パパが購入したDSを週末の金曜日~日曜日まで息子に

レンタルするという形式をとっています。


あくまでも「DSはパパの大事なおもちゃだよ。」と言い聞かせているので

とっても大切に扱い、決まった曜日以外はやりたいといいません。

プレイ時間も一回30分と約束しているのでちゃんと守っています。


ゲームの与え方ってほんとうに難しいですよね。


ママによっては「絶対にダメ! ゲームは悪!!」

って言う人もいるし、でもまわりのお友達がみんなもっていて

自分の子だけ仲間はずれなのはやっぱりかわいそうだし。




パパは早く与えて一緒に遊びたい派だったので、こんなことを言っていました。

「どんなものでも使い方ひとつで いい物にもなれば、悪いものにもなる。

たとえば包丁だって きちんと使い方を教えればとっても便利な料理の道具になる

しかし、使い方を誤れば人を殺す道具になってしまう。


危ないだから取り上げてしまうのではなく、危ないものほど早いうちに

正しい使い方を教えるべきなんだ。」



たしかに私たち親からすると、子どもには

危ないことや、困難なことはなるべく避けてあげようとしてしまいます。



私たち世代の親は、とくに過保護な傾向にあるのだと感じることが度々あります。




でも子どもはやがて親の手から離れ自立しなければなりません。


小学校や中学校まで親が着いて行くわけにはいかないのです。


ですから、子どもたちには困難から逃げる方法や助けてもらう方法を教えるのでは

なく、困難に立ち向かい、乗り越える勇気強さを教えなければならないと思います。




そうは言っても、現実はなかなか理想どおりにはいきませんけど・・・。




今日は我が家の教育方針を記事にしてみました。



ちょっと堅いお話になってしまいましたね。





ちなみにパパはDSを使って上手に息子とコミュニケーションをとっているようです。

今2人がはまっているのは「ぼくらはカセキホリダー」です。

CMを見たことある人はわかると思いますが、掘って、削って、化石でバトル

綺麗に削れば恐竜を復元できるという、大人も楽しいゲームです。


息子には「ゲームをやりすぎるとおバカになるよ!」と教えているので

ゲームをやった後は、しまじろうのドリルをいそいそと始めるのですが

その様子を見ていると「まだまだ素直かわいいな」とついつい抱きしめて

しまいます。



この幸せが明日も続きますように・・・。









ぼくらはカセキホリダーぼくらはカセキホリダー
(2008/04/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
FC2カウンター
メールはこちらから
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2ブログランキング
My Album
天気予報
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。